サービス情報
Service update
サービス情報

Service update

HTMLブロックの追加、サポートブラウザの更新をおこないました。

GroovyCMS
本日、グルービーCMSのバージョンアップを行いました。

■バージョンアップの内容

●HTMLブロックの追加
 コード(HTML、JavaScript、CSS等)を自由に設定できるブロックを追加いたしました。
 活用頂く事で、標準機能にないコンテンツを設定する事ができるようになります。
 
 ※コードの具体的な記載内容、及び設定されたコードによるページへの影響については
  サポートの対象外となります。
  
 バージョンアップ内容資料
https://secure.gdd.jp/data/plan_docs/pdf/160128-version-up.pdf

●管理画面、公開側のサポートブラウザの変更
 
 サポート対象ブラウザを以下の通りといたしました。
 
 ・管理画面
  Google Chrome 最新版 [推奨]
  Mac OS X Safari9
  Internet Explorer11 (Edgeブラウザは対象外)

  ※Internet Explorer 7、Internet Explorer 8、Internet Explorer 9については、
   マイクロソフト社のサポート終了に伴い、サポート対象外とさせていただきます。

 ・公開側
  iOS 7以上
  Android 4.2以上
  ケータイ Flash Lite1.1以上対応端末

上記はすべて標準機能(基本料金内での追加対応)での追加となります。